親は無くても子は育つ。

お菓子屋の繁忙期が終わると毎年、学校時代の教え子たちや以前うちの店にいた子達が遊びに来てくれたり、会う機会が増えます。
先日もコンテスト会場や創造展に行った帰りに寄ってくれたりしていました。
学校で働き出したのはもう10年以上前なので、そろそろシェフになる子やお店を持つ子も出てきました。
結婚した子、子供が出来てしっかりお母さんになってる子、×イチになっちゃた子、まったく異業種で頑張ってる子・・・・・
昔はあんなだったやつがとか、今も変わらんなーとか、それぞれですが、結構皆たくましく頑張ってます。
最近の製菓学校の学生さんも昔とでは少し雰囲気が変わってきたようにも見えますが、大事な部分は今も変わっていません。基本的に素直な子が多い。なので元気が良くて、挨拶や返事ができて、お菓子が好きなら大丈夫。
教え子たちも今、日々の生活や仕事の中で悩んだり、苦しんだりしてる事でしょうが、それは実は僕も同じ。
彼らに励まされ、初心を思い出させられ、結局助けられてる事も多いのです。
これからも良い仲間でありたいものです、ちょっとだけ僕が先に生きてますので先生なんて呼んでくれてますが、まぁこれからは愉しみが多くなるというか、嬉しい事や助けられることも増えるでしょうからよろしくね。
僕もまだまだ面白いことや愉しい事、そして美味しいお菓子を作っていきますので、皆も厳しい世の中をたくましく自分の足で歩き続けてください。いつも何もしてやれませんが、実は甘やかさない方がちゃんと人は育つんですねー。放任主義でごめんね。
IMAG0075.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA