新潟伊勢丹。

080830_1116~01.jpg080830_1342~02.jpg
今回、かなり更新遅れましたが、実は、東京に行って、その後新潟伊勢丹にて実演販売などやっております。人もいなくて、新しい応募者の面接やなんかもありますが、約束だったもんで。
いやぁ、今回まじでヤバいっす!こちらのちらしの表紙になってたり、テレビやラジオでも紹介されてたらしく、マカロン大ブレイクです。かなり、用意してきたつもりでしたが、全然足りず、もしもの時のために他の子に教えてきておいて良かったです。しかも、うちのスタッフ皆で必死に作ってくれてるおかげで、なんとか数字残せてます。
僕のほうも初日から、機材は頼んだものと違うし、冷凍庫ではエクレアひっくり返されてるし、マカロンはあるだけ出るし、カスタードクリーム炊くのはラーメン屋さんのあいてる時間しか使えないし、久々に四時起きみたいな感じでしたが、なんとか乗り切りました。
頑張っていればいいことあるもんで、某バイヤーから「前回やった、パリ在住某有名パティシェより数段おいしいとか、美味しかったからまた来たというお客様も多く、こちらの有名な地酒をいただいたり、福岡の知人から連絡があって、「なかなか無い機会だjから絶対買っとけ」と言われたとか嬉しい声も聞こえてきます。
これまで、こんなにお店を離れた事はありませんでしたが、意外に受け入れられていることがわかり、また戻ったら頑張ろうと思いました。僕の知り合いのお菓子屋で、しょっちゅう催事で県外に行ってる人がいて、大変だろうになんでだろう?と思っていましたが、今回少しその気持ちがわかった気がします。いろんな土地で、いろんな人に喜んでもらう、知ってもらう。・・・ほんとはその土地その土地のおいしいものも楽しみだったんですが、今回は、いろいろと仕事が溜まってて、仕事終わったら、マックとビール買って、ホテルに缶詰めです。しかも、蒸し暑いので飲み過ぎてしまい、仕事もはかどりません・・・が、明日までしっかり博多にラヴィアンありをアピールしてきます!!
福岡に残って頑張ってるみんな、もうすぐ帰るからねー頑張れ!!!

はやくもクリスマス。

080825_1406~01.jpg
朝晩はいくらか涼しくなってきましたが、まだまだ残暑は続いてます。なのにデパートはすでにクリスマスケーキの撮影が始まりました。例年の事なので、だいぶ慣れてきましたが… 写真は今年のやつです。クリスマスローズNo.4“ラグタイム”です、岩田屋さんでは、オープン以来出させてもらってますが、4作目になります。岩田屋さんの商品に関しては、毎年限定オリジナル版でして、クリスマスローズシリーズにしてます。いつも懲りすぎて、土壇場で大変苦労してますが、さぁ今年はどうですかねー 皆さんに喜んでもらえると良いのですが・・・過去のものも載せてみます。
050908_1758~0001.jpg  クリスマスローズ№1 
060829_1524~0001.jpg クリスマスローズ№2 “ソヴァージュ”
070828_1346~02.jpg クリスマスローズ№3 “セ・ラ・ヴィ”

面接。

080823_1731~01.jpg
夏は人の入れ替わりも多い時期です。長く働いて欲しいと常々思いますが、お店や僕自体がまだまだ何かと確立できてない所も多いのと、それぞれの事情もあり、残念ながら人が入れ替わっちゃってます。
「シェフ、お話があるんですけど…」トラウマの呪文です。ビクッとします。でも、しょうがないですよね、やはり一番はお客様になってしまいますから。人の為にやれる人いませんかー
面接たくさんやってますが、いまだによく分かりません。
写真は本日のお誕生日ケーキです。

スパイシースパイス。当日

080822_1949~02.jpg080822_1949~01.jpg080822_1925~01.jpg
本日は、ラヴィ初のナイトパーティーでした。
厳密には、オープン前にレセプションをしましたので、二回目ですが、悪くないと思いますよ。
今回のお客様は、いつも良くしてくださるプランナー兼デザイナーの上田さん率いるプランニング・アイさんが主宰して集めて下さった20代~30代の男女30名。
仕事帰りのほっとするときに、コーヒーや紅茶だけでなく、ワインやシャンパンをかたむけながら、ちょっとした料理をつまみ、会話を楽しみながら好きなケーキを好きなだけ頂くという、優雅な企画です。
最初は、手狭だし大丈夫かな・・・とか、飲み物や料理のサーブに慣れていないスタッフもいるので心配することも多かったのですが、キッチンのスタッフも含めて忙しいながらも楽しんでくれているようでした。また、お客様(かなり品の良い方ばかりでした)も笑顔・笑顔・笑顔で、こちらまで嬉しくなってくるようでした。心ばかりの料理とお菓子、さらにはお酒の力も借りて、テーマである「生活にスパイスを」をまさに体現できたのではないでしょうか?
今後も新しい企画やコラボを通して、広くいろいろな方と笑顔の交流が持てればと思います。
通常のお買物のお客様は、少しびっくりされているようでしたが、たまには良いかも。
上田さん、池田さんお疲れ様でした。また、やりましょうねー

パティシエ ロックナイト!

080818_1655~01.jpg080818_1658~01.jpg080818_1700~01.jpg080818_1707~01.jpg
唄っております、なぜかステージでケーキ作っております。
先日行われた、パティシェロックナイトイン福岡の様子です。
総勢100人以上の出演者とスタッフ、お客様も一部・二部あわせて500人くらいだったのでしょうか。
とにかく凄い熱気でして、やっぱり博多は熱い!!九州各地からはもちろん、関東からは超有名店ロートンヌの神田シェフ率いるハードロックバンドや関西からは、小山シェフの応援メッセージと大盛り上がりでした。また、当日出演バンドも始めたばっかりの人から、プロやマニアックな人、芸人さん(?)からダンサーまでがひとつになって、非常に愉しく素晴らしかったと思います。
ちなみに、一部ではワンドリンクとワンプレートガトー(3種)、二部はワンドリンクとワンモツ鍋とか通常のビルボードではありえないメニューがあったり、お土産に全員に焼き菓子が配られたりと、いたれりつくせりの内容で、お客様も満足していただけたのではないでしょうか?
僕らもステージ後のインタビューで言いましたが、お菓子とライブの共通点、「お客さまに喜んでもらえる」という点では、合格だったのではないかと思いますし、今回は仕事休みにもかかわらず、最後までお手伝いいただいた、各店の若手スタッフの皆さん、来場者やスタッフにもしっかりと気を使って対応していただいた七洋製作所のみなさん、日頃とかけはなれた内容やレベルの音楽に本気でお付き合いいただいたビルボードのスタッフの皆さん、発起人で、皆が本気で遊ぶためにかなり自腹を切られて取りまとめていただいたチョコレートショップ佐野社長、オペラ濱田社長、当日の段取りから、細部にわたるまで指示・準備いただいた萬平浪漫犬丸社長、他にもいろんな方に感謝しております。
是非来年以降も、恒例行事となり、暗く明るい世の中にちょっと明るい話題、出来事を。また、つらく苦しいことも多いこの業界において、それでも本気で遊ぶ大人がいることを若い人たちに知ってほしいと思います。仕事のパワーと遊ぶパワーは正比例です。やる時はとことんやりましょう!!
二部ではツーリング仲間の三人が習いたてにもかかわらず、一生懸命サックスを吹く姿に感動しました。皆通常は仕事に追われているはずなのに・・・と思うと涙が出そうになりました。最高の仲間だと思えました、僕も負けられません、さらに頑張ってまた来年、この場で笑っていたいと思いました。
この日は朝からケーキの準備に始まり、打ち上げまで含めると約15時間くらいの長丁場でしたが、わがバンド the sorbetのメンバー 急きょ参加してくれたドラマーの船越君、わざわざ群馬から車で駆けつけてくれたギターのタケダさん、中国を行ったり来たりしながら練習にはすべて参加してくれた同じくギターの宮本君、時間もなく、曲もどんどん変わる中で最後に婦警でばっちり決めてくれたうちのスタッフ坂田さんと丸目さん、いつもくだらない僕の発想に適度に真面目に時にはふざけて付き合ってくれる後輩でキャトルシェフの四丸社長、みんなありがとう。本当にお疲れ様でした。
短期間の間でしたが、またひとつ何か僕の中で変わってきているのを感じます。
お菓子にも現れるかもしれませんし、人との付き合い方や何かに現われてくるのでしょう。
僕自身は、反省と後悔ばかりで、至らないことばっかりでしたが、今回も本当に良い経験をさせていただきました。
また、来年楽しみましょう!!皆さんもさらにパワーアップした真夏の祭典をご期待下さい!!!